MilkyBlue

お散歩写真の思い出や感じた事を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄妹愛

『大丈夫だよ。 お兄ちゃんがついてるから。』

って聞こえてきそうだね。

パン屋さんに住んでいた、小さな兄妹の愛でした。

20050529s.jpg

スポンサーサイト

寄生虫

目黒に行ったついでに寄生虫館に寄ってみた。
グロテスクな標本を想像していたが
思ったよりは生物学的でおとなしい印象だった。
ただ、意外に多い訪問者には少し驚いた。
みんな変なのに興味あるんだなぁ~

◆長さ8m、幅2cm位のサナダムシ。
 体内に卵が入ってから3ヶ月で成長したんだって!
 この写真の上下で折り返しつながっています。
20050528-1s.jpg


◆回虫です...
20050528-2s.jpg


◆こんな感じでいろんな標本がありました。
20050528-3s.jpg


時の隙間から

流れる時の隙間から
あなたには何が見えますか?

20050515s.jpg

メタリックな和

鉄の壁に囲まれた畳のない茶室。
窓がなく人工的な暖色系の照明。
息苦しくなってきたところで目が覚めた。
夢だったのか...

でも息苦しさは今も残っている。

20050514s.jpg


飛行機雲

上空を飛行機が飛び去った。
僕は地べたでひと休み。
未知なる世界に向かって
大空を飛ぶ自分を夢見た。

20050508-1s.jpg

20050508-2s.jpg

20050508-3s.jpg

ロータリー

凱旋門の周りは巨大なロータリーになっている。
12本もの道路が集まっているので信号機での制御は不可能だろう。

慣れないと次から次へと入ってくる車にロータリーの内側に押しやられ
凱旋門の周りを何周もしてしまう事もあると聞く。

その上、車は足代わりと割り切って使う人たちが多いので、
強引に割り込んでくる車も多く接触事故が後を絶たないらしい。
5分間以内に必ず事故が発生すると聞いた事があるが、実際には見た事はない。

もっとも、軽度の接触事故は、事故と見なされないないかもしれない。
なぜなら縦列駐車では前後の車をバンパーで押しながら止める人達だから。
バンパーは車を傷めないためにあると彼らは思っているのだろう。
日本では、バンパーに少し傷が付いただけで高いお金を払って
交換したりするけれど。

◆凱旋門の上から見た様子
PA14-1.jpg

PA14-2.jpg

◆凱旋門の真下からシャンゼリゼ方面を見る
PA14-3.jpg

◆凱旋門の真下からラ・ディファンス方面を見る
PA14-4.jpg

◆観光バスはあえて内側を通るのだろう
PA14-5.jpg



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

眺め良し

凱旋門に上るには螺旋階段を使う。
リフトもあったが一般の人は使えないらしい。
これがなかなかきつい。
きついだけに屋上に出た時の感動は格別だ。

凱旋門の屋上からの眺めもまた格別だと思う。
360°の眺めと高さがちょうど良い。
エッフェル塔からの眺めは上空からの眺めであり
街を身近に感じるには高すぎるからだ。

◆高さの割には長く感じる螺旋階段
 螺旋状だから実際は3倍位段数が多いのかも
PA13-1.jpg

◆シャンゼリゼ通り方面
 通りの突き当たりはルーブル美術館(近そうで遠い!)
PA13-2.jpg

◆エッフェル塔方面
 手前の通りは多分イエナ大通り(地図で確認!)
PA13-3.jpg

◆ラ・ディファンス方面
 真ん中の白い門形の建物が新凱旋門
PA13-4.jpg

◆サクレクール寺院方面
 モンマルトルの丘にありパリのどこからでも見える
PA13-5.jpg

もっと見る>> http://dreamkeeper.fc2web.com/paris/ga/idx_tdy.htm


テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

逆光

逆光でもお構いなしに撮ってみた。
夕方でもないのに夕方っぽくて
カラーなのにモノクロ写真のようで、
良い写真とは言えないけど
印象的な写真が撮れました。

d20050505A-1s.jpg

d20050505A-2s.jpg

d20050505A-3s.jpg

d20050505A-4s.jpg

鯉のぼり

今日はこどもの日。
大人になってからは、単に休日として嬉しい。
もっとも子供にとっても休みだから嬉しいのは同じかもしれない。

以前撮った写真だけど、
今日を逃すと1年待たなければならないので駆け込み掲載です。

それにしても上手く泳がす事ができるものですね(感心)

20050505-1s.jpg

キセル

メトロの自動改札は切符を入れると回転式の3本バーが
ぐるっと回って入れる仕組になっている。
出口には改札がないので入場した後、切符を捨てる人も多い。

出来事は旅行初日、メトロの始発駅で起こった。
家族3人が通過した後、子供がひとり自動改札で通れなかった。
切符を何度も入れたが回転式の3本バーが回らない。
自分達はモビリスと言う一日乗り放題の切符を買っていたので
私の切符を柵越しに渡して試させたがだめだった。

とにかく自分も改札の外にいる子供のところに戻ろうと思い、
出口探しに家族をその場に残しひとりホームに降りていった。
しかし始発駅だったので出口がなかった。
メトロでは入口と出口が分かれているのだ。
やむを得ず入口を戻り改札に戻った。

すると子供が改札を通過しているではないか!
何故??

自動改札で締め出されるトラブルはよくあるらしい。
改札の外にいる子供と柵越しに話している家族を見て
親切な紳士が子供を一緒に改札を通過させてくれたらしい。

フランスではキセルするために前の人にくっついて
一緒に改札を通過しようとする人がいる。
しかし、通過するタイミングが悪いと回転バーに止められる。
そんな時、後ろの人が切符を自動改札に入れたら、
キセルする人が回転バーを通過してしまい切符を入れた人が
締め出されてしまうのだ。

改札を通過できなかったのが安っぽい紙切符のトラブルかと思ったが、
同じ駅で連続して使えないガードのせいだったのだ。

我家では前の人が必ず通過したのを確認してから切符を入れるようにした。
万一に備え、私が家族の入場を見届けてから最後に改札を通る事にした。
しかし、その後、滞在期間中に同様なメトロでのトラブルは全くなかった。

メトロのホーム、きれいな方だと思う
PA12-1.jpg

入場防止のため出口も自動扉だが切符はいらない
PA12-2.jpg

1日乗り放題券モビリス
カードサイズのケースより切符を取り出し使う
PA12-3.jpg



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

生しらす丼

天気が良かったので江ノ島に生しらす丼を食べに行こうと思った。

GWの晴れた江ノ島は、想像以上の人出だった。
食堂はどこも長い行列ができていた。
15時近くでも行列の長さは変わらなかった。
結局、七里ヶ浜の小さな中華食堂で焼きそばを食べた。
食事で並んで待つことが嫌い私は、
生しらす丼は諦めるしかなかった。

帰りは江ノ電で七里ヶ浜から鎌倉に向かった。
これまた乗り切れない人が出るほどの混み具合で、
汗ばむオヤジの熱い肌と冷たい汗の感触がきもかった。

いつかリベンジマッチでまた江ノ島に行かなければ...

【しらす干しを作っているおばさんたち】
20050504-1s.jpg

【まるで原宿の竹下通り並みの江ノ島】
20050504-2s.jpg

【江ノ電も超満員だった】
20050504-3s.jpg


もっと見る>>
http://cosmostar.fc2web.com/discovery/sh050504/idx_tdy.htm

青い花

GWなのに所用があって会社に来た。
来る途中、青い花を見つけた。
毎年見かけるが、名前は知らない。
太陽の光を浴びてビルの谷間で咲いていた。
こんな所に咲いているんだと思った。
今まで気がつかなかったけど
来年からこの時期にきっとチェックするだろう。
僕は青い花が好きなのだ。

20050503A-1s.jpg

20050503A-2s.jpg

20050503A-3s.jpg

20050503A-4s.jpg

20050503A-5s.jpg

青い花>> http://cosmostar.fc2web.com/collection/c18/idx_tdy.htm

The Tree of Life

ウォルトディズニーワールドのテーマパーク、アニマルキングダムに
「The Tree of Life」と呼ばれる大きな木がある。

この木を見た時、私は同時代に生を受けた者達は全て同胞であり平等であると思った。
楽しい時間を過ごしている中で、ほんの一瞬かもしれないが生命の尊さを感じた。

あなたはどう感じるでしょうか?

The Tree of Life>>
http://crazydiamond.fc2web.com/ani-t/idx_tdy.htm
Walt Disney World>>
http://crazydiamond.fc2web.com/

20050503-1s.jpg

20050503-2s.jpg

20050503-3s.jpg

20050503-4s.jpg

ガーゴイル

ノートルダム寺院のキマイラの回廊にガーゴイル(怪物像)がある。映画で隕石が飛来し破壊されるシーンで覚えている人もいるかもしれない。

パリでもっとも人気のある観光スポットのひとつなので、順番待ちの長い列ができると聞いた。キマイラの回廊には螺旋階段で登る必要があり、狭いので一度に登れる人数を制限しているのだろう。どうしてもガーゴイルを見たかったので、朝一番に行ってみた。

季節によって入場開始時刻が異なっているが、私たちはオープン前30分位に着いた。既に20人位並んでいたので、私たちも並んで待つことにした。キマイラの回廊に登る螺旋階段がある北塔は工事中で、建物の外側、工事用足場の隙間に特設入口が設けられていた。入場開始時点で、列の長さは30m以上、200人以上は並んでいた思う。幸いにも私達はギリギリで最初のグループで入場できた。

螺旋階段は思ったよりも狭く一方向に回りながら登るので少し目が回った。前に老人や太った人がいると、途中で追い越せないのでゆっくり登ることになる。螺旋階段を登るのは結構しんどかったが、キマイラの回廊にたどり着き、ガーゴイルに会えた時の感動はひとしおだった。

◆向かって左側が北塔。北塔と南塔を結ぶのがキマイラの回廊。
 北塔の工事用足場の所が入口で、南塔側が出口になっていた。
PA11-1.jpg

◆何処まで続くのだろうとひたすら登った螺旋階段。
 後ろの人に追いつかれまいと一生懸命に登った。
PA11-2.jpg

◆ようやく会えたガーゴイル。
PA11-3.jpg

◆南塔側から北塔側を見ている。
 キマイラの回廊の狭さがわかるかな?
PA11-4.jpg

◆もっと見たいときは>> http://dreamkeeper.fc2web.com/paris/nd/idx_tdy.htm

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。